歯の痛みを感じたらすぐにご相談ください

  • 中
  • 大

「冷たい物がしみる……」「歯が痛い……」そんな症状があったら、虫歯かもしれません。虫歯は適切な治療をしないと、どんどん進行し、放っておくと歯を失うことにつながります。

白濁程度のごく初期段階の虫歯を除き、悪化すればするほど痛みを伴い、治療による負担も大きくなります。そうならないためにも、早期発見・早期治療が大切です。気になることがあったら、できるかぎり早めに当院にご相談ください。

虫歯を放置する危険性

  • 激しい痛みを感じるようになります
  • 治療が難しくなり、抜歯の可能性も高くなります
  • 治療時の痛みが増し、身体的負担も大きくなります
  • 治療(通院)回数が増え、治療期間が長くなります
  • 治療費の負担が増大します
  • お口の健康がどんどん失われていきます

虫歯を見える化する治療方法

虫歯は再発しやすい病気です。そのため、虫歯治療の際は再発を防ぐために虫歯菌に感染してしまった部分を完全に取り除くことが大切です。しかし、そのために健康な部分まで削ってしまうわけにはいきません。削ってしまった歯は二度と元には戻りませんし、歯の削り過ぎは治療後の痛みを増やしてしまうことにつながるからです。

当院では虫歯部分を見える化。「う蝕検知液」や「ダイアグノデント」を採用し、虫歯の効率的で効果的な治療に役立てています。

どの歯が虫歯か一目瞭然「う蝕検知液」
虫歯になっている歯の部分を「う蝕」といいます。う蝕検知液は、う蝕部分を染色。認識しやすいので、虫歯治療の際に取り残しや削り過ぎを防ぐことができます。
虫歯を数値化して判断「ダイアグノデント」

「ダイアグノデント」は、レーザーを用いた虫歯検査機器です。肉眼やレントゲンでも発見しにくい初期の虫歯の発見が可能になります。当院では、痛みを伴わないこの診断装置を活用して、見つかった虫歯に関して治療が必要かどうかを数値で客観的に判定し、必要以上に歯を削らない治療に役立てています。

※ ごく初期の虫歯では、歯を削る必要がなく、適切なブラッシングやフッ素塗布で治癒することがあります。

定期検診で虫歯を予防しましょう

ページの先頭へ戻る

医療法人社団 桜香会 愛育歯科