虫歯を根本から治す根管治療とは?

  • 中
  • 大

歯の神経にまで達してしまった重度の虫歯は、そのまま放置すると抜歯を余儀なくされます。抜歯を避けるために行うのが、歯の根を治療する「根管治療」です。根管治療は、歯の根の中の神経や血管が入っている「根管」という細い管の中から、虫歯菌に汚染された神経や血管を取り除き、内部を洗浄・除菌し、薬剤を詰め、最後に密封する治療です。

根管内は入り組んだ複雑な形状をしていて、肉眼では見ることができないうえに、内部に少しでも虫歯菌に汚染された部分が残ってしまうと、虫歯再発の可能性が高くなります。そのため、根管治療の際には、徹底的な洗浄・除菌の後、細菌が入らないようにすき間なく薬剤を充填しなければなりません。根管治療には高度な技術が求められるのです。

根管治療が必要なケース

以下のような症状がある場合、根管治療が必要なレベルまで虫歯が進行してしまっている可能性があります。一つでも思い当たる項目がありましたら、すみやかに当院にご相談ください。

  • 何もしていなくても歯がズキズキと痛む
  • 歯を咬み合わせると痛みがある
  • 歯ぐきが腫れている部分があり、押すと激痛が走る

根管治療の流れ

1.汚染組織の除去 2.根管内計測 3.洗浄・除菌
虫歯菌に汚染された根管内の神経や血管などを取り除きます 根管内を成型し、根管の深さを専用の器具を使って正確に測定します 根管内部に細菌が残らないように、しっかり洗浄し徹底的に除菌します
4.薬剤の充填 5.土台の構築 6.被せ物の装着
根管内に細菌が入らないように、根管内部にすき間なく薬剤を充填し密封します 歯の根に、被せ物を装着するための土台となる部分をつくり芯(コア)を立てます 土台に被せ物を装着し、咬み合わせなどの調整をおこなって完了です

痛みが治まっても治療を中断しないでください

重度の虫歯治療である根管治療は、歯を長持ちさせるためにとても大切です。そのため、この治療を確実に行うためには、どうしても治療工程が多くなってしまいます。しかし、通院回数が増えると途中で治療をやめてしまう方もいらっしゃるのが現状です。

「治療の中断」は、お口の健康にとってとても危険です。とくに、根管治療の中断は要注意。まわりに病巣が広がりやすく、抜歯が必要となる可能性が高まってしまいます。治療は必ず最後まで受けましょう。

定期検診で虫歯の早期発見・早期治療をしましょう

ページの先頭へ戻る

医療法人社団 桜香会 愛育歯科