自分の歯のように咬めるインプラント

  • 中
  • 大

インプラント治療とは、チタン製の人工歯根(インプラント)を顎の骨に埋め込み、その上に人工歯を被せる治療法です。チタン製のインプラントが顎の骨としっかり結合するため、まるで「自分の歯のような咬み心地」に近づけることができます。また、その上に被せる人工歯をセラミック製にすることにより、色合いや質感も天然歯に近くできます。機能性・審美性ともに優れた治療法といえるでしょう。

インプラントのメリット・デメリット

メリット デメリット
  • 違和感がなく自然な咬み心地が手に入る
  • 見た目が自然で美しい
  • 顎の骨が痩せにくい
  • 周囲の歯を傷つけたり負担をかけたりしない
  • 保険適用外
  • 外科手術が必要
  • 全身疾患がある場合や、顎の骨の状態によっては、治療を受けられないことがある

インプラント治療の流れ

Step1:歯肉の切開 Step2:ドリリング Step3:インプラント埋入
麻酔後、インプラントを埋める部分の歯肉を切開。顎の骨を露出させます。 専用のドリルを使用して、顎の骨にインプラントを埋め込むための穴をあけます。 あけた穴にインプラントを埋め込みます。
Step4:治癒期間 Step5:アバットメント装着 Step6:人工歯装着
インプラントを歯肉で覆って縫合し、傷口の治癒とインプラントと顎の骨が安定するのを待ちます。 インプラントが安定したら、再び歯肉を切開し、人工歯との接続部分となるアバットメントを装着します。 歯肉の傷口が治るのを待ってから、アバットメントに人工歯を装着して治療完了です。

インプラントを長持ちさせる秘訣はメインテナンスです

インプラントは、メインテナンスをしっかり行えば、長期間使い続けることができます。メインテナンスが不十分だと、「インプラント歯周炎」という歯周病に似た病気を招き、インプラントごと人工歯が抜け落ちてしまうことがあります。

インプラントを長持ちさせるためには、毎日のご自宅でのケアと歯科医院での定期的なメインテナンスが重要です。当院でインプラント手術された方だけでなく、海外や他院で手術された方のメインテナンスも承っていますので、お気軽にご相談ください。

インプラント以外の選択肢

歯を失ってしまったときの治療には、インプラントの他に入れ歯やブリッジがあります。当院では、患者様一人ひとりの症状やご要望に合わせた治療法をご提案しますので、お気軽にご相談ください。

入れ歯
(保険適用の場合)
ブリッジ
失った歯の本数に合わせて入れ歯(義歯)を作ります。バネをつけて装着する入れ歯や、粘膜にのせるだけの入れ歯などがあります。 横並びに失った1~数本の両脇の歯を削って支えにして、その上に連なった人工歯を橋(ブリッジ)のように被せる治療です。
メリット
  • 治療費が比較的安価
  • 治療期間が比較的短い
  • 適応範囲が広い
  • 違和感が少ない
  • 使用する素材により保険が適用される
デメリット
  • 見た目に入れ歯とわかってしまう
  • しっかり咬めないことがある
  • 違和感がある
  • バネを使った入れ歯の場合、隣の歯に負担がかかる
  • 使用しているうちに、だんだん合わなくなることがある
  • 両脇の健康な歯を削らなければならない
  • 両脇の支台となる歯に大きな負担がかかるので、将来的にその歯を失ってしまうことがある

医療法人社団 桜香会 愛育歯科へのお問い合わせはこちらへどうぞ03-5888-6509

ページの先頭へ戻る

医療法人社団 桜香会 愛育歯科