歯には大切な役割があります

  • 中
  • 大

当たり前のようにある「歯」は、たくさんの大事な役割を持っています。「歯を失って、初めてその大切さに気づいた……」ということにならないよう、歯の大切さや失うことのリスクなどをしっかり理解しておきましょう。

歯の大切な役割

食べ物を咬む

もっとも重要な役割です。食べ物をきちんと咬むことで栄養の吸収を助けます。胃腸などの消化器官に対する負担も軽減します。

味覚を助ける

味覚に大きく作用する「歯ざわり」や「歯ごたえ」。楽しくおいしい食事には欠かせません。

異物を認識する

硬さの違う物を歯で咬んだときの違和感で、異物を認識。選り分けて飲み込んでしまうことを防ぎます。

正しい発音を助ける

歯があることで舌や唇の位置が定まり、空気のもれ方を調整できるので、正しい発音をサポートします。

表情を豊かにする

美しい歯が笑顔をひきたてるだけでなく、きちんと咬むことにより顎の骨や表情筋が鍛えられ、顔のバランスが整い、豊かな表情を作ります。

瞬発力を生み出す

奥歯をしっかり咬みしめることで全身の筋肉のバランスが整い、スポーツのときなどに瞬発力がアップすることが報告されています。

さまざまな役割のある歯。お口のトラブルをしっかり予防して、お口の健康をできるだけ長く維持しましょう。

抜歯にならないために

抜歯は「最終手段」です。抜歯を避け、できるだけ残すことができるように日頃から注意しましょう。

予防を心がけ、早期発見・早期治療しましょう

虫歯や歯周病は、毎日の適切なブラッシングによるケアと定期的な医院でのメインテナンスによって予防できる病気です。日頃から予防を心がけ、お口のトラブルを未然に防ぎましょう。また、もしトラブルが起きても、歯医者さんで定期的に検診をしていれば早期発見・早期治療につながります。

歯並びが悪い部分はとくに注意しましょう

歯並びが乱れている部分は、汚れが溜まりやすくブラッシングもしにくいので、虫歯や歯周病になりやすい場所。ブラッシングの際にはとくに注意が必要です。また、矯正治療で歯並びの乱れを整えることが有効な場合もあります。気になる歯の乱れは、当院にご相談ください。

治療は最後まで受けましょう

悪化した虫歯や歯周病の治療には数回の通院が必要です。回数が多くなると、途中で通院をやめてしまう患者様がおられますが、それは歯にダメージを与えてしまうことになります。とくに、重度の虫歯治療「根管治療」を中断してしまうと、病巣を広げてしまい、抜歯を余儀なくされてしまうかもしれません。どんな治療も最後まできちんと受けましょう。

【ピックアップ】歯を抜くことになってしまったら

近年、なるべく歯を抜かない治療が推奨されています。確かに、抜歯はできるだけ避けたい選択肢ですが、状態によっては歯を残すことが他の健康な歯にまで悪影響を及ぼすケースもあります。そのような場合には抜歯が必要です。

悪い歯をそのまま残す危険性

抜歯が必要なケースの歯をそのまま残していると、その歯のまわりだけでなく、全身の健康にまで悪影響を与えてしまうことがあるので、注意が必要です。

悪化した虫歯を放置すると
虫歯が重度にまで進行すると神経が壊死し、それまであった痛みがなくなります。痛みがないからとそのまま放置すると、歯根の先端が化膿・炎症し、再び激しく痛み出すことに。「顎骨炎」や「歯性病巣感染」などの原因となります。
悪化した歯周病を放置すると
歯周病が悪化すると、歯を支える骨が溶け、やがて歯が抜け落ちてしまいます。そのまま放置すると、歯周病はまわりの歯周組織に広がり、多くの歯を失うことに。悪化するほど治療法が限られ、治療期間も費用も増えてしまいます。

お口の健康には予防が効果的です

ページの先頭へ戻る

医療法人社団 桜香会 愛育歯科