皆様の歯医者さんに対する“なぜ”を解決します

  • 中
  • 大

歯科医院に通院中にふと疑問がわくことがありませんか? こちらでは、患者様からよく聞かれる質問・疑問とその回答を、Q&A形式でご紹介します。

1本の歯の治療で何度も通うのは?

ごく初期の虫歯の場合は1回の治療で終了することもありますが、虫歯の進行度合いによっては少なくても2回、重度の場合は数回の通院が必要です。ごく初期の虫歯を過ぎた段階では、病巣を削り、型を採るのが1回、そして作製した詰め物・被せ物を装着するのが1回、と最低でも2回は通院の必要があるのです。また、その調整のために後日、通院していただくこともあります。

根管治療歯周病治療も複数回の通院を必要とすることがほとんどです。複数回の通院を避けるためにも、日頃から予防を心がけ、早期発見・早期治療に努めましょう。

同じ自費治療の金額が医院によって違うのは?

自費診療の場合、それぞれの医院で治療費に違いが生じるのは、技術料や材料費、そして使用する機材の種類に差があるからです。あまり安いと、「ちゃんと治療してもらえるだろうか?」と心配になる方もいらっしゃるようですが、医院によっては、無駄なコストを省き、治療費を抑えているところもあります。金額だけで、治療の良し悪しは判断できません。まずは、お気軽にご相談ください。

無痛治療は本当に痛くない?

無痛治療とは、麻酔下での歯科治療のことです。その麻酔を効かせるための針を刺す際の痛みや、麻酔薬注入の際の圧力による痛みを極力少なくするために、当院では表面麻酔のジェル、歯科界最細の33Gの麻酔針及び電動麻酔器を導入しております。
たとえどなたであろうとも絶対に痛くないとは言い切れませんが、小さなお子様でも、麻酔後のお口をゆすがれる際に「いつ麻酔をするの?」と尋ねられることも多々ある程効果的です。

毎日歯をみがいているのになぜ虫歯になるの?

毎日のブラッシングは虫歯予防にとって大切ですが、残念ながらどんなに丁寧にブラッシングしても、虫歯や歯周病の原因となるプラーク(歯垢)をすべて取り除くことはできません。お口のトラブルの予防には、毎日のケアに加えて、定期的な歯科医院でのクリーニングやメインテナンスが効果的です。

愛育歯科へのお問い合わせはこちらへどうぞ 03-5888-6509

ページの先頭へ戻る

医療法人社団 桜香会 愛育歯科