ホワイトニングで歯の黄ばみを白くできます

  • 中
  • 大

いつもブラッシングをしっかりしているのに、いつの間にか黄ばんでしまった歯。それは年齢とともに歯に色素が沈着してしまったからかもしれません。さわやかな印象をもたらす白い歯に憧れませんか? そんなときは、専用の薬剤で歯を白くするホワイトニングをおすすめします。

歯が黄ばむ原因

原因1:加齢 歯の内側にある象牙質は加齢により黄色みが強くなります。また、表面のエナメル質が年々少しずつ削られて薄くなることで象牙質が透けて見え、歯が黄ばんで見えることがあります。
原因2:飲食物 コーヒー、紅茶、赤ワイン、カレーなど色素の濃い飲食物によって、歯がだんだん着色されてしまうことがあります。
原因3:喫煙 タバコのヤニが貼り付くことで、歯の黄ばみが強くなります。
原因4:虫歯 虫歯を放置していると、少しずつ黄ばんでいくことがあります。また、重度の虫歯の治療により神経を抜いた歯は、だんだん変色していきます。
原因5:テトラサイクリン 「テトラサイクリン」という抗生物質を長期的に服用していた場合、歯が黄ばんでしまうことがあります。妊婦の服用による、胎児の歯の黄ばみも報告されています。

ピックアップ

クリーニングによって歯が白くなる場合もあります。(著しい着色などによって黄ばんでいたなど)まずは通常のクリーニング受けられることをおすすめいたします。さらに白い歯をご希望される場合にホワイトニングは非常に有効な方法です。

ホワイトニングの注意点

ホワイトニング前
  • ホワイトニング効果には個人差があります
  • 詰め物・被せ物などは白くすることはできません
  • 抗生物質や薬剤による歯の変色には、効果が出にくいことがあります
  • 口腔内の状態によってホワイトニングができない場合があります
  • 虫歯や歯周病などのお口のトラブルがある場合は、そちらの治療が優先となります
  • 18歳未満の方や妊娠中の方にはホワイトニングはできません
ホワイトニング中
  • 薬剤の使用や管理については、歯科医師の指示に従ってください
  • ホワイトニング前にはしっかりとブラッシングをしてください
  • マウストレー装着中は飲食や喫煙はできません
  • ホワイトニング期間中は、色の濃い飲食物(ワイン、カレー、コーヒーなど)の摂取や喫煙は控えてください
ホワイトニング後
  • 歯の白さを維持するために、定期的にメンテナンスを受けましょう

銀歯を白い歯に替えたい方はこちらをご覧ください

ページの先頭へ戻る

医療法人社団 桜香会 愛育歯科